トックンイングリッシュ口コミ tokkun english

トックンイングリッシュ口コミ

トックンイングリッシュの口コミは?

トックンイングリッシュ口コミ,tokkun english

たった2か月で英語力がアップするというビジネス英会話特化型スクール「トックンイングリッシュ」

 

入会する前に、具体的な口コミをチェックしておこう。


トックンイングリッシュに通った人は、英語力があがった??

実際にトックンイングリッシュに通った人の声をチェックしよう。

 

果たして、たった2か月で本当に英語力はアップしたのだろうか?

 

外資系戦略コンサルティング企業勤務:男性
「ネイティブの会話を難なく聞き取れ、言いたいことが瞬時に言えるようになった!」

 

2 ヶ月間終わってみて思うのは、本当に良く勉強したなということです。正直、業務と退職・留学準備と、せわしなかった 2 ヶ月でしたが、その中でも 1 日 2〜3 時間程の英語学習をやり抜けたことはマンツーマンのコーチング形式だからこそだったと思います。

 

受講後は、リスニング力とスピーキング力は確実に向上しました。リスニングに関して、初見の TEDのスピーチの理解度は高まりましたし、ネイティブと雑談をしていてもリスニングで困ることは殆どなくなりました

 

またスピーキングにおいても、瞬時に言いたいことを言える内容の幅が広がったと思っています。例えば、TOKKUN ENGLISH では音の連結のトレーニングをかなり細かいところまでやったのですが、今ではネイティブの話を聞いていて、これは連結しているからこう聞こえるよね。と瞬時に理解できるので、全体の意味が取れるようになります。このような一つ一つの小さい積み重ねこそが、成長に繋がるのだと思っています。

この男性の場合、実践的な「使える英会話力」がたった2か月で確実に向上している。

 

メーカー勤務:女性
「2か月でTOEICスコア300点アップした!」

 

“TOEICコース”を受講したのですが、結果2ヶ月でTOEICスコアを300点アップさせる事が出来、本当に感謝しています。振り返ると“コンサルタントによる毎日の綿密なフォロー”がとても大きな支えになったと感じています。

 

普段の仕事との両立については、仕事とプライベートの予定以外で、空いている時間を朝と夜に分け、仕事に支障がない様、学習時間を分散させて、両立しました。
予定通りにいかない事も多く、早朝、深夜に学習する事もありましたが、“毎日コーチに報告する”という環境があったからこそ、やりきる事が出来ました。これも2ヶ月という短期間コースだからこそ出来たと感じています。

この女性の場合、たった2か月で、なんとTOEICスコア300点もの大幅アップに成功している。

トックンイングリッシュの悪い評判は?

では逆に、悪い評判についてもチェックしておこう。

 

では、逆に、トックンイングリッシュの悪い評判をチェックしていこう。

 

大手商社勤務:男性

 

専属のコンサルタントがついてくれて、週に1回面談を行って、その週にやった英語学習を一緒に振り返り、より効率のいい英語学習方法のアドバイスを受けることで、学習効率を上げられます。

 

私の場合は、苦手な英会話の発音とリスニングを中心に、発音矯正トレーニングと音読トレーニングと聴き取りにくいネイティブイングリッシュのリスニングを重点的に指導してもらい、短期間で苦手を克服できました。

 

 「TOKKUN ENGLISH (トックンイングリッシュ)」の悪い点をしいてあげれば、自分から学びたい意欲が強い生徒には、熱心に指導してくれますが、やる気のない生徒に檄を飛ばしてくれない所ぐらいだと思います。

 

本気で学びたい生徒がモチベーションが一時落ちたとしたら励まして鼓舞してくれるようだが、最初からやる気がない生徒に対しては、そこまで檄を飛ばしてくれないのかもしれない。

 

このあたりの感じ方は、人それぞれなので、実際に自分の目で確かめてみるのがおすすめだ。

 

大手商社勤務:男性

 

TOKKUN ENGLISH(トックンイングリッシュ)の悪い点は、毎日オンラインで英語学習の問題点について考えたり進捗報告をするので、

 

仕事で疲れている時などは正直面倒だったり、嫌だな・やりたくないなと感じてしまいます。

 

うっかり忘れてしまわないように、常に予定を意識しておく必要もあります。

 

どんなに忙しい日でも、「毎日」の英語学習報告を徹底する必要がある。

 

しかし、これはたった2か月だけなので、それを覚悟の上で入会を検討しよう。

専属コンサルタントへの評価は?

また、トックンイングリッシュの専属コンサルタントについても、受講生の評判をチェックしよう。

外資系金融機関勤務:男性

 

コンサルタントの方も主に日本にいながら英語を勉強し、そしてコンサルタントになられているので、日本人特有の英語の勘違いや発音など学ぶべき点がクリアで、非常に有益でした。

 

また、私のニーズに合わせたトレーニングをしていただいたのも非常に有難かったです。
私の場合は実際に仕事で使う英語をチェックしていただくこともありました。

 

間違った英語を使い続けてきたことも分かり、それが矯正できたのは本当に良かったです。とはいえ、未だに間違った英語を使っているとは思いますが、それを調べるツールや勉強法も教えていただき、今でも二ヶ月のトレーニングが活きています。

トックンイングリッシュの専属コンサルタントは、日本にいながら、自分自身も苦労して英語を勉強してきた経験がある。

 

だから、日本人が苦労しやすいポイントをよくわかっている。

 

そうしたプロトレーナーが、毎日の学習計画をたててくれて、進捗を管理してくれるので、2か月間を走り切ることができるといった声が多くあった。

トックンイングリッシュの学習内容は?

一体どんなことを学習したら、たった2か月でこのような成果をあげることができるのだろうか?

 

トックンイングリッシュで行われる学習内容をチェックしよう。

 

トックンイングリッシュの場合、コースが2つあり、目的や本人の状態によって選ぶことになる。

【ビジネス英会話コース】週15時間の学習時間を確保

 

(2か月間の内容)

  • 受講生ごとに最適なカリキュラムを作成
  • 最適なテキストを選定
  • 面談週1×8回
  • 確認テスト8回
  • 毎日のコーチング
  • オンライン質問対応

★具体的な学習内容としては…

  • 「ビジネスでよく使うフレーズ」を覚えて、アウトプット練習をする
  • シャドーイングを中心としたリスニング練習

→これら2つを行うことによって、英語で議論や交渉をできるようになる。

【TOEICコース】週15時間の学習時間を確保

 

(2か月間の内容)

  • 受講生ごとに最適なカリキュラムを作成
  • 最適なテキストを選定
  • 面談週1×8回
  • 確認テスト8回
  • 毎日のコーチング
  • オンライン質問対応

★具体的な学習内容としては…
基礎文法の習得、語彙力の強化、発音の矯正、音声知覚の強化など

それぞれにコースの基本的な構造は同じだが、そこで行われる学習内容が異なる。

 

いずれの場合も、週に15時間の学習を必要とし、毎日の報告は必須だ。

たった2か月なのに料金が高い!?

「ビジネス英会話コース」「TOEICコース」それぞれのコース料金をチェックしていこう。

【ビジネス英会話コース】期間は2か月
→ビジネスシーンの英会話を上達させるコース

 

入会金5万円(税別)

 

(トレーニング料金)
298,000円(税別)
+5,000円程度(オンライン英会話代)

【TOEICコース】期間は2か月
→TOEICの点数アップを狙うコース

 

入会金5万円(税別)

 

(トレーニング料金)
298,000円(税別)
+追加費用は無し

 

ビジネスシーンの英会話を上達させたいにせよ、TOEICのスコアアップにせよ、2か月で約35万円の料金が必要になる。

 

確かに安くはないが、「自分のキャリアへの投資」と見たとき、どう感じるだろうか。

 

まずは、自分に本当にあうかどうか、自分の目で確かめてみるのがいいだろう。

 

無料カウンセリングに申し込んで、実際の雰囲気をみてみよう。お金はかからず確かめられる。

 

無料カウンセリングの申し込みはこちら→【TOKKUN ENGLISH】




ホーム RSS購読 サイトマップ